菱田奈津紀

保護中: 【第6回】トップの通訳「外国人社長の社内会議」

【会員限定コンテンツ】 ここのところ、リモート通訳の需要が伸びているようですね。自宅からのリモート通訳を始めた頃は、仕事と生活の距離が近いことに戸惑いを覚えたものです。案件終了後、以前なら地下鉄に揺られて、熱くなった脳をクールダウンさせながら帰宅していましたが、今はリビングのドアを開けた途端、家族の会話に引きずり込まれるし、会議の休憩中に水を取りに行くのは自宅の冷蔵庫です。当初はこの『どこ...

保護中: 【第5回】トップの通訳「外国人エグゼクティブの習慣」

【会員限定コンテンツ】 皆さん、こんにちは。1か月ほど前、ソフトバンクの孫正義さんがインタビューの中でこんなことを語っていました。 「今まで(コロナ前)は人と会って話したいという思いが強かったけれど、やってみると案外テレビ会議などでも人と人の心は伝わるものですね。生産性が上がることもある。そんな発見があった一方で、『やっぱり生で会いたい』という気持ちがますます湧きますよね。」 ...

保護中: 【第4回】トップの通訳「外国人エグゼクティブのタウンホールミーティング」

皆さん、こんにちは。日本はすっかり梅雨ですね。雨の日は、自宅から入れるオンライン会議もいいものかもしれません。窓の外の雨音を聴きながら、内向く意識で集中力を高めることもできそうです。 通訳の場が、今のところ現場から遠隔に移行する流れの中、仕事の時間帯も、一部日本の日中ではない時間に移っているようです。時差のため、アメリカとの会議は日本の早朝、ヨーロッパとの会議は夜といった具合です。一方で、...

【JITF2020】朝の自習室メンバー「通訳者の朝の自習室 〜バーチャル居場所作りの成功の秘訣とは〜」

岩瀬和美(発起人) 日本会議通訳者協会理事/JACI認定会員。通訳者歴30年の”アラかん”フリーランス通訳者。 佐藤梓 フリーランス会議通訳者/JACI認定会員。得意分野はPR関係、IR、お酒(のイベント)など。好きな言葉は「朝起きてえらーい!」」 花岡千都子 フリーランス英日通訳者。JACI会員、JAT会員。大手外資系の社内通訳を10数年経た後、フリーランスとして独立。専門...

保護中: 【第3回】トップの通訳「外国人エグゼクティブの日本企業訪問―実践編」

皆さん、いかがお過ごしですか。最近、私は自宅にデュアルディスプレイを導入しました。世界的なステイホームによって、自宅からアクセスできるウェビナーやオンラインシンポジウムなどが増えています。デュアルディスプレイにしたことで、仕事だけでなく、ウェビナーなどを受けている際も、検索をしてメモを打ち込んで…といった同時作業がとても快適になりました。One NoteやNotabilityなどのアプリ活用で、ペ...

【第2回】トップの通訳「外国人エグゼクティブの日本企業訪問―準備編」

皆さん、こんにちは。当初は非日常と思われた巣ごもり生活が、だんだんと日常化し、昨秋の繁忙期からは想像できない毎日となりました。いつでも戻れるように体力維持!と思い、時々思い出したように筋トレをしています。先日、RSIプラットフォームを使った同時通訳にも挑戦しました。図らずも時間ができたこの時期、私たちの業種にテクノロジーがどのように入り込んでいくのかを見据え、仕事の進め方も柔軟に変えていきたいなと...

【第23回】通訳者・翻訳者の子育て「家庭で育てる世界への興味」

(執筆・通訳者 菱田奈津紀) 我が家は日本人の夫と私、10歳と7歳の娘の4人家族です。通訳という職業柄、「家でも子どもに英語を教えているの?」とときどき尋ねられますが、我が家の英語教育はのんびりしています。日本語環境にいながら、幼いころから家庭で本格的に英会話を教えるとなると、親の側に相当な努力と根気が必要なのではないでしょうか。残念ながら、私はそのようなものを持ち合わせておらず、娘たちから...

【第1回】トップの通訳「外国人社長付き通訳者の仕事」

こんにちは。日英会議通訳者の菱田奈津紀です。三寒四温の頃が過ぎ、春の陽気を感じる季節となりました。想定していた繁忙期は、世界的なウイルス感染拡大によって失われ、通訳業界も漏れなく大打撃を受けています。このような中、Zoomを活用した遠隔セミナーや朝活などで、通訳業界を盛り上げてくれるJACIに改めてお礼を申し上げたいと思います。私も皆様に刺激を頂いて、自分の通訳訓練法を見直したり、以前購入してあっ...