白倉淳一

【JITF2021】白倉淳一「はじめての元請」

白倉淳一 2014年から活動しているフリーランス日英通訳者。28年間の会社勤務で会計・人事・企業グループ再編などを経験し、それが通訳でも強みになっている。専門は発電・送配電・再生エネルギー・電気通信・ITシステム構築・事業戦略。社会保険労務士有資格者・放射線管理手帳所有。日本会議通訳者協会理事。 はじめての元請 エージェントを通さず客先から直接通訳業務を請け負う機会は予...

【第16回】遅れてやってきた通訳者

白倉淳一さん 通訳者になろうと思い立ったとき、50歳と数カ月になっていました。 学校を出てから日本の企業で28年間転職することもなく働いていましたので、通訳者になることはキャリアの大きな変化になりました。私と同じような経歴の通訳者にはまだ直接会ったことがありません。通訳学校のことや仕事との出会いなどで、少数派として何か参考になることをお伝えできるかもしれないと思い、このリレー・コラム...

保護中: 【最終回】カイシャの中身「会社の機関」

【会員限定コンテンツ】 みなさんこんにちは。新しい年を迎え、皆さまいかがお過ごしでしょうか。人間は新しい年に希望を持つものですが、ウイルスには人間が決めた年の変わり目は関係ないようです。通訳者をとりまく環境の変化もまだまだ歩みをゆるめる様子はありません。「何が大切かを考え、それを実行する」ことの大切さ、難しさを感じています。 昨年2020年4月に始めたこの連載「カイシャの中身」も今回...

保護中: 【第9回】カイシャの中身「総務」

【会員限定コンテンツ】 みなさんこんにちは。日本には自然災害が多いことをいろいろな形で実感する年が続きますが、今年の11月は10月に引き続きおだやかな日が続きました。 こんなときにコロナウイルス流行で通常の仕事ができない小売や旅行産業の方々は本当にくやしい思いをしていることと察します。フリーランス通訳者の中にも収入が激減している人がいます。待てばいいのか、なにかすべきことはあるのか。...

保護中: 【第8回】カイシャの中身「企業内のIT」

【会員限定コンテンツ】 みなさんこんにちは。10月後半には晴天の日もあって「オリンピック、アスリートファーストが本当ならこんな陽気がいいのではないか」と思った方も多いのではないでしょうか。 コロナウイルス流行で大打撃を受けている通訳業界も少しずつ「新しい現実」に対応し始めたようです。先手を打って自らの仕事の方法や、場合によると参加する市場まで変えた通訳者やエージェントも少数ながら存在...

保護中: 【第7回】カイシャの中身「企業会計(3)」

【会員限定コンテンツ】 みなさんこんにちは。すっかり涼しくなりました。あんなに暑かったのがちょっと不思議なくらいです。 日本通訳翻訳フォーラム2020は盛況のうちに完結し、編集後に再公開されるセッションを楽しみにしている方も多いと聞きました。大きな催し物の後ということで、今回のカイシャの中身は内容を少し軽くしてお届けしようと思います。 前回までの2回で企業会計の大枠を扱ったので...

保護中: 【第6回】カイシャの中身「企業会計(2)」

【会員限定コンテンツ】 みなさんこんにちは。この原稿を書いているのは8月下旬です。毎日猛烈な暑さが続いています。皆様も健康に留意してお疲れが残らないようにと願っています。 暑さをものともせず日本会議通訳者協会は史上最大・日本最大、ひょっとすると世界でも有数な規模の通訳・翻訳イベントを実施しました。実質は「通訳・翻訳月間」で、8月1日から31日まで毎日(1日の中休みもなく)オンラインイ...

保護中: 【第5回】カイシャの中身「企業会計」

【会員限定コンテンツ】 みなさんこんにちは。JACI会員やコンテンツ利用者のみなさんの中にもコロナウイルス流行で大変な苦労を強いられている方がいらっしゃると思います。連載記事や各種コンテンツはそうした困難を直接解決することはできませんが、もし自由になる時間が増えたのでしたら役立つ情報を見つける一助になるかもしれません。 今年は金融翻訳者中山桂さんが財務諸表の読み方についてすばらしいオ...

保護中: 【第4回】カイシャの中身「人事制度の通訳(2)」

【会員限定コンテンツ】 こんにちは。お元気でお過ごしでしょうか。コロナウイルスのため会議通訳の仕事量が非常に少なくなっています。それでも6月になって少しずつ業務の照会を受けるようになってきました。外国人参加は遠隔がほとんどです。顧客や通訳エージェントは機材や設定にかなり慣れてきたようですが、参加者や通訳者は「人がそこにいない」ために今までとは違ったストレスを感じています。相手の表情や視線、...

【JITF2020】高橋さきの、白倉淳一「通訳・翻訳・ことば――「語順」を手掛かりとして」

高橋さきの 特許翻訳、学術翻訳、評論など。英日・日英の翻訳歴36年。「日本語の読み・書き技術」や「翻訳技法」について話すことも多い。訳書に『できる研究者の論文生産術』『できる研究者の論文作成メソッド』(講談社)、『猿と女とサイボーグ』(青土社)など、共著書に『翻訳のレッスン』『プロが教える技術翻訳のスキル』(講談社)などがある。 白倉淳一(しらくら じゅんいち) ...

保護中: 【第3回】カイシャの中身「人事制度の通訳(1)」

【会員限定コンテンツ】 みなさんこんにちは。コロナウイルス感染の新症例数減少の知らせを聞きながら書いています。この記事が公開されるときの世の中はどうなっているのでしょうか。連載第3回は人事制度の通訳をするときに思わぬつまづきを招きかねない国ごとの違いをお伝えしていきます。 この連載を担当するにあたって人事労務の情報を集めると以前の知識が役立つ一方、変化も確実にあったことがわかります。...

【第2回】カイシャの中身「人事労務」

みなさんこんにちは。先行きが見えづらい状況の中、時間の使い方を決めるのも簡単ではないですね。私もいろいろ考えてみるのですが、なかなか思うように進みません。一日の終わりに手ごたえを感じることがあまりなくて「これではアブナイ」と思うのですが……。JACIのオンラインコンテンツ担当者の「それなら早く書け」という声を想像してがんばります。 *** 「カイシャの中身」第2回は人事・労務です。以前の勤務先...

【第1回】カイシャの中身「購買」

みなさんこんにちは。日本会議通訳者協会の会員、白倉(しらくら)です。企業勤務経験が長かったので「オマエもそれをネタに何か書け」というプレッシャーを1年近く協会の理事から受け続けて少ない髪がさらに少なくなりました。数回にわたって企業内各部門の働きを書いていきます。よろしくお願いします。 *** 現在はコロナウイルスのため経済活動が大きな制約を受けていますが、昨年2019年の通訳需要は旺盛でした。...

【12/8】JACIセミナー はじめての元請

エージェントを通さず客先から直接通訳業務を請け負う機会は予期しない形で訪れます。そのときにあわてず対応するためのセミナーを企画しました。客先での聞き取り・見積書の提出から実施の具体例を追体験できるようわかりやすく説明していきます。参加者にも積極的に質問・発言していただく双方向型。仕事ポートフォリオの拡大・多様化を考えている方はぜひ御参加ください。 チケット購入はこちらから <イベント概要> ...

広島通訳合宿(英語)

【本イベントは諸事情により中止となりました】 昨年夏の箱根合宿に続き、日本会議通訳者協会がお送りする通訳合宿第二弾です。今回は広島で開催。基礎的な通訳訓練から、パナガイドを使った同時通訳演習まで、楽しみながら学びます。2日目には同時通訳コンテストを開催予定。集中的な訓練を通して、レベルアップを目指しましょう! JACI会員に限らず、通訳の腕を磨きたい方であればどなたでも参加可能です。通訳の...

【第16回】現役通訳者のリレー・コラム「遅れてやってきた通訳者」

(執筆・白倉淳一) 通訳者になろうと思い立ったとき、50歳と数カ月になっていました。 学校を出てから日本の企業で28年間転職することもなく働いていましたので、通訳者になることはキャリアの大きな変化になりました。私と同じような経歴の通訳者にはまだ直接会ったことがありません。通訳学校のことや仕事との出会いなどで、少数派として何か参考になることをお伝えできるかもしれないと思い、このリレー・コ...