【JITF2020】御代しおり「アメコミ翻訳講座」

御代しおり

日本に数名のみいるアメリカンコミックの翻訳家。大学生時代からアメコミ翻訳に携わり、31歳の若さで翻訳に関わったコミックは百冊を超える。MARVEL社の作品を手掛けることが多い。訳書に「シビル・ウォー」「グウェンプール」シリーズなど。好きなアメコミキャラクターはバトロック・ザ・リーパー。

アメコミ翻訳講座

皆さんはアメリカンコミックをご存知ですか?最近は映画化作品が軒並み大ヒットしていますし、ゲームやアニメなど様々な形で登場キャラクター達を知る機会がありますから、コミックは読んだことがなくても「アイアンマン」「スパイダーマン」「バットマン」などの名前は知っているかもしれません。

ですが、その彼らがそもそも世に出たきっかけはコミック…つまり漫画だったのです。今回の講座では、そのアメリカンコミック―通称アメコミ―の歴史にはじまり、コミック翻訳ならではの翻訳プロセスを丁寧に解説します。約10年間コミック翻訳に携わる中で得てきた特別なスキルや苦労などを語らせていただくなかで、アメコミ翻訳とは何なのかが一から十までおわかりになるだろう90分です。珍しい分野での話になりますので、将来コミック翻訳者を目指す方は勿論、少しでもご興味ある方は是非ご参加ください!

日本通訳翻訳フォーラム2020はこちらから