ホーム » 文書にタグがつけられました‘モータースポーツ’

モータースポーツ

保護中: 【最終回】モータースポーツの通訳「文化としての車とモータースポーツ」

【会員限定コンテンツ】 過去15回にわたってお伝えしてきた「モータースポーツの通訳」もいよいよ最終回となりました。もともと「10回程度で執筆してください」と依頼された始まった本シリーズですが、毎回規定の文字数を超過しては複数回に分割・・・を繰り返し、計16回の長編と相成りました。 結びを書くにあたり、第一回から読み返してみましたが、説明の上手い下手はさておき、普段は垣間見ることのない閉...

保護中: 【第15回】モータースポーツの通訳「実践編(HOW)」

【会員限定コンテンツ】 過去14回にわたって、業界のこと、レースの仕組み、レース開催中のレーシングコースの様子などお伝えしてまいりました。今回は仕事のタイプを以下の3つに分け、それぞれの内容と準備について書きます。 外国人ドライバー付きイベント通訳 レース運営の通訳 チームの通訳 *** 1.外国人ドライバー付きイベント通訳 モータースポーツ関連の通訳業務...

保護中: 【第14回】モータースポーツの通訳「予備知識編その4 レースについて」

【会員限定コンテンツ】 レース 「第3回の記事」で書いたように、レースといっても色々な種類があり、ルールや見どころも様々。その全てを網羅することはできませんが、7点ほど基本的な「常識」について書いてておきます。 ① レースの長さ(race length)と順位(classifications) 多種多様なレースがあるなかで、ごく一部の例外を除き共通しているのは「決められた『長さ』を走っ...

保護中: 【第13回】モータースポーツの通訳「予備知識編その3 レーシングコースとタイムテーブル(WHERE & WHEN)ー後編3/3」

【会員限定コンテンツ】 決勝日 さて、予選から一晩明けて、今日はいよいよ決勝日(Race day)です!まだ朝も早いというのに、パドックは関係者やゲストで賑わって、まるでお祭りのよう。浮かれているような、張り詰めているような、独特の興奮と緊張感があたりに充満しています。「オリンピックには魔物がいる」とよく言われますが、決勝日のレーシングコースも、たくさんの人たちの夢や野心、期待、責任感、緊張感...

保護中: 【第12回】モータースポーツの通訳「予備知識編その3 レーシングコースとタイムテーブル(WHERE & WHEN)ー後編2/3」

【会員限定コンテンツ】 (前回からの続きです)ピットウォークを冷やかしたい気持ちをぐっとこらえて(笑)、パドックの外れの坂を下りたところにある建物に行ってみましょう。”MEDICAL CENTRE”という看板があります。 MEDICAL CENTRE ここは「メディカル・センター」。いわゆる「医務室」です。最新の蘇生設備(resuscitation equipment)や外科手術台(op...

保護中: 【第11回】モータースポーツの通訳「予備知識編その3 レーシングコースとタイムテーブル(WHERE & WHEN)ー後編1/3」

【会員限定コンテンツ】 さて、一夜明けて、今日は予選日(Qualifying Day)です。 審査委員会 審査委員会室の中を覗いてみると、朝早くから誰かが翻訳をしているようです。同業者ですね(笑)。ちょっと話を聞いてみましょう。 「私は審査委員会付きの通訳…兼翻訳者です。昨日の夕方、第一回の審査委員会(the 1st Stewards’ Meeting) が行われたので、その議事録...

保護中: 【第10回】モータースポーツの通訳「予備知識編その3 レーシングコースとタイムテーブル(WHERE & WHEN)ー中編2/2」

【会員限定コンテンツ】 イベント初日 一夜明けて、再びサーキットに戻ってきました。まだ早朝だというのにパドックには昨日にも増して人が増えています。いよいよ本格的なレース・ウィークの始まりです! 今日からは入場許可証(credentials「クレデンシャル」あるいは「パス」と呼ぶ)を提示しないと会場に入れません。パスには”PADDOCK” “RACE CONTROL” “PIT LANE”...

保護中: 【第9回】モータースポーツの通訳「予備知識編その3 レーシングコースとタイムテーブル(WHERE & WHEN)ー中編1/2」

【会員限定コンテンツ】 ピットレーン コントロールタワーには、さきほどパドックから入ってきた入り口の反対側にもドアがあって、レーシングコース側に出られるようになっています。今日はまだ設営日なので、セキュリティに止められることもありません。外に出てみましょう。 目の前には先程見た観客席(グランドスタンド)。その前には、ちょうど肩の高さくらいのコンクリートの壁とワイヤーフェンスで見えないけれ...

保護中: 【第8回】モータースポーツの通訳「予備知識編その3 レーシングコースとタイムテーブル(WHERE & WHEN)ー前編」

【会員限定コンテンツ】 今回はレース開催中のレーシングコースに皆さんをご案内します!!といっても、架空のサーキットの架空のレースです。計8ヶ所のサーキット(日本国内5ヶ所、海外3ヶ所)での筆者の実体験を元に書いていきます。 *** 今、私たちはだだっ広い駐車場のようなスペースのど真ん中に立っています。 高台になっているようですね。あちらの見晴らしの良い所まで歩いてみましょう...

保護中: 【第7回】モータースポーツの通訳「予備知識編その2 レースの仕組み(WHAT & WHY)―後編2/2」

【会員限定アクセス】(前回の続き) セッティングによる車の挙動 車の挙動を表現する際によく使われるキーワードが「アンダーステア」と「オーバーステア」。大雑把に言えば、アンダーステアは「曲がりきれない」こと、オーバーステアは「曲がりすぎる」こと。「オーバー気味(tendency to oversteer)」「アンダーが出た(had understeering)」などという風に使われること...

保護中: 【第6回】モータースポーツの通訳「予備知識編その2 レースの仕組み(WHAT & WHY)―後編1/2」

【会員限定アクセス】 今回のテーマは「マシン・セッティング(car setups/settings)」です。本職の方々が発信する情報の助けを借りながら、通訳する際に最低限必要な「地アタマ」を作ることを目標に書いて行こうと思います。 そもそも「マシン・セッティング」とは? 競技車両の整備や調整のことです。特定のレースに備え、サーキットの特徴に合わせてマシンを最適化するために行うもの、車両開...

保護中: 【第5回】モータースポーツの通訳「予備知識編その2 レースの仕組み(WHAT & WHY)―中編2/2」

【会員限定アクセス】 (前回からの続きです。) というわけで、最も安定して、かつトータルでカーブを速く走り抜けるためのドライビングとは。これまで書いたことを総合すると… カーブの手前の直線部分にいるうちにブレーキを踏んで減速する。(カーブに入ってからはアクセルを踏む一方であることを見越して十分スピードを下げるのが鍵。) カーブに入ったら、頂点付近の「クリッピング・ポイント」...

保護中: 【第4回】モータースポーツの通訳「予備知識編その2 レースの仕組み(WHAT & WHY)―中編1/2」

【会員限定コンテンツ】 2.予備知識編 その2 レースの仕組み(WHAT & WHY) ―中編 前編では、様々なレースと勝つための条件について触れました。ただ、どんなレースも勝つためには、まずは「速く」なければなりません。では速く走るにはどうしたらよいのでしょう。プロのドライバーは一体どうしているのでしょうか。 私はレースの仕事(アルバイト)をする前、恥ずかしながらかなりの誤解...

保護中: 【第3回】モータースポーツの通訳「予備知識編その2 レースの仕組み(WHAT & WHY)―前編」

【会員限定コンテンツ】 2.予備知識編 その2 レースの仕組み(WHAT & WHY)―前編 本章でも、全く予備知識の無い方に向けて、全レースに共通する「視点(point of view)」を養っていただくことを最優先とし、前回に引き続き「無理やり一般論に落とし込んで」お話していきます。 1)レースの定義 レースとは「決められたルールに従って、競争し、勝者(順位)を決めること...

保護中: 【第2回】モータースポーツの通訳「予備知識編その1 モータースポーツ業界」

【会員限定コンテンツ】 2.予備知識編 その1  モータースポーツ業界 「モータースポーツ」と一口に言っても、自動車、オートバイ、カート、ソーラーカーなど、様々な車両が異なるカテゴリーやクラスに細分化され、競技の形態もレース、ラリー、ジムカーナ、ダートトライアル、など多種多様です。それぞれに「業界」と「業界関係者」が存在します。それらを一括りにすることはおよそ不可能ですが、ここではあえて...

保護中: 【第1回】モータースポーツの通訳「はじめに」

【会員限定コンテンツ】 モータースポーツの通訳 目次(予定) 1.はじめに 2.予備知識編 その1 モータースポーツ業界 その2  レース関係者(WHO) その3  レースの仕組み(WHAT & WHY) その4 レーシングコースとタイムテーブル(WHERE & WHEN) その5 「文化」としてのレースやクルマに関する知識 3.実践編(HOW) そ...