【JITF2022】池田和子「英日逐次通訳の基礎」

池田和子

上智大学外国語学部、比較文化学科卒業。モントレー国際大学大学院、会議通訳修士。コロンビア大学大学院、英語教授法修士。外国資金為替ディーラーを経て、1993年よりフリーランス会議通訳者・翻訳者。スポーツから国際会議まで幅の広い分野をこなす。

2002年より東京外国語大学非常勤講師として、通訳講座および通訳訓練法を応用した英語講座を担当。2021年より早稲田大学及び大学院で様々な言語の母語話者を対象とした通訳関連講座を担当している。出版物に『会議通訳者の養成における日米比較』」「日本語学、1995年12月号(明治書院)特集 外国語としての自国語の教育と普及」、『逐次通訳演習における教室内でのペアワークの効果』日本通訳学会学会誌「通訳研究」第二号、がある。「オーレックス和英辞典(旺文社、2008)」執筆。「大事なとこだけ総まとめ、時事用語(永岡書店、2012)」英訳監修。

英日逐次通訳の基礎

1回目の授業は、内容を網羅することに着目し、2回目の授業は、日本語文献に使われていた適切な表現を使えているかどうか、完成度の高い日本語訳を目指します。3回目、4回目の教材は、感情的なスピーチを使う予定です。3回目授業では、いかに話者の感情のこもった発言を、臨場感を持ってテンポよく訳せるかに注目し、4回目は、話者のスタイルを保持しつつ、情報を網羅できるか挑戦します。

▼参加者が用意するもの
メモ取り用の紙、ボールペン、事前に自分で準備した対訳の表現リスト

※毎週水曜開催(8月1日~22日)、18:00-20:00 JST

日本通訳翻訳フォーラム2022