【JITF2022】賀来華子「日英逐次通訳ブートキャンプ〜ことばをより広く、より深く」

賀来華子

通訳技術を教えることに心を燃やす会議通訳者・大学講師。現場は法律事務所、国連機関、官公庁などが多いが、私生活では本屋と映画館に足繁く通う。年に半分、東京大学駒場キャンパスで、帰国子女や留学生に通訳技術を教えるようになって今年で7年目。米国、デンマーク、イタリア、ブラジル、タンザニアの延べ8ヶ国で育つ。上智大学卒、米モントレー国際大学(MIIS)会議通訳修士号、米コロンビア大学公共政策修士号。実績年数は通訳業25年以上、講師業は15年。

日英逐次通訳ブートキャンプ〜ことばをより広く、より深く

どんな分野でも基礎となる日英逐次通訳のスキルをとことん分解して、優れた日英逐次のパフォーマンスとは何か、色々な角度から丁寧に検証していきます。文脈にあった言葉の選び方、英語のコロケーションや前置詞の使い方、内容にあったトーンや強弱など、言葉の『意味』を追求する全員参加型の4回セッションです。そもそも、元の日本語を理解することも大事、これを機会に自分の「日本語」も見直してみましょう。全員参加型で気づきと学びを共有していきます。

▼参加者が用意するもの
メモ用紙(scratch paper)、筆記具、気づきをまとめるノート。国語辞典、類語辞典(日本語と英語それぞれ)、英英辞典。辞書はオンラインのものでも大丈夫ですが、その場合はケンブリッジなど定評のあるものにしてください。

※毎週火曜開催(8月2日、9日、16日、30日)、18:00-20:00 JST

日本通訳翻訳フォーラム2022