【第27回】出産・子育てのブランクから通訳復帰を目指して

(執筆・寺山なつみ)

「このコラムを書いてみないか」と、以前何度か仕事でご一緒させていただいたことがあり、今では第一線で活躍されている先輩通訳者から連絡があったときは正直驚きました。というのも、私はここ5年近く、2度の出産、子育てのため通訳の現場から離れており、最近ようやく、通訳の仕事に戻る足がかりを模索し始めたところだったのです。スキルもすっかり錆びついてしまい、知り合いの通訳者たちは今や雲の上の人と感じるほど。離れている期間が長くなるほど、通訳業に戻るハードルはどんどん高くなるように感じていました。

しかし、そういった現状も知った上でその先輩(男性)が言われたのが、「子育てのために現場を離れた通訳者が直面している、復帰に向けての悩みや挑戦を等身大で書いてほしい」とのことでした。本来は、晴れて復帰を果たした後に自信を持って執筆するのがいいのでしょうが、圧倒的に女性が多い通訳業界で、同じような悩みを抱えている方にリアルタイム(?)での励ましになればと思いお受けしました。

続きは「翻訳・通訳のトビラ」から