【第22回】わたしの通訳修業

(執筆・松本由紀子

通訳業を仕事にしてから、あっという間に成人式を迎えるほどの年月が経ちました。

その間、思い返せば山あり谷あり、うまくいったこと以上に失敗したことも数々あり、自分なりにいろいろと経験をしてきました。まだまだ未熟者ですが、やりがいのある仕事に出会えて、自分は本当に幸運だったなと思います。今回、このような機会をいただき、通訳者になろうと思っている方、または社内通訳者からフリーランスの通訳者になろうかどうか悩んでいる方に向けて、何か参考になることがお伝えできれば幸いです。

もし、いま、通訳を職業として考えている方がいらっしゃいましたら、迷わず通訳スクールへの入学をお勧めします。一期だけでもいいと思います。一度通ってみてください(スクールの回し者ではありません)。目から鱗がぽろぽろ落ちるはずです。

続きは「翻訳・通訳のトビラ」から