【第20回】大学院で同時通訳を学ぶということ

(執筆・藤井里咲)

はじめまして。この春に東京外国語大学大学院 英語通訳翻訳実践プログラムを卒業予定の藤井里咲と申します。私はプロの通訳者ではなく、大学や大学院で通訳訓練を受けてきた一学生ですので、本コラムを執筆する機会をいただいて驚くとともに大変光栄に思います。

一般的には、日本で通訳者を目指すなら大学院よりも民間の通訳学校に通う場合が多いです。しかし、近年は、通訳・翻訳学を学ぶことができる大学や大学院も少なくありません。今回は、通訳者を志す皆さんに、大学院で通訳を学ぶことのメリットやデメリット、実際の授業内容についてお話しします。

続きは「翻訳・通訳のトビラ」から